1日集中講座
連体形を身につけて韓国人のようにスラスラ()♪


講座コード  19S058
講   師  李 善姫(イ・ソニ)  冷泉荘「ソニ韓国語教室」主宰
開 講 日

 4/22(月)

時   間  10:30〜12:00 昼休憩あり 13:00〜14:30
定   員  40名
受 講 料  3,000円 ※テキスト代は受講料に含まれています(オリジナルテキスト)
会   場  福岡工業大学 FITホール2階セミナー室
講座内容

日本語の用言における活用形の一つである連体形。
韓国の文法では名詞・代名詞・数詞・助詞・動詞・形容詞・冠形詞・副詞・感嘆詞という9つの品詞があります。韓国語の用言にも連体形はありますが、時制(過去・現在・未来・回想など)の区別があり、冠形詞形語尾と言います。時制には「いつの物事を言っているか(=「過去・現在・未来」)」を表す役割と、「時間のどこに焦点を置いているか」という役割があるので、これらを身につけることで韓国人のように自然な表現ができるようになるわけです。今回は「連体形(例:など」を分かりやすく、覚えやすい内容でゆっくりとお教えいたします〜♪
・文法:連体形(冠形詞形語尾)のまとめ編、初級〜中級レベル




   ☒ウィンドウを閉じる