1日集中講座
日本におけるイスラム圏の観光客へのおもてなしとは
〜ハラールとハラームの食材〜

 

講座コード  18F208
講   師  石橋 ヘルミンダワティ  大学非常勤講師
開 講 日

 10/1(月)

時   間  10:30〜12:00 
定   員  20名
受 講 料  500円 
講座内容



海外から日本を訪れる観光客が年々増加し、円安と入国査証の緩和によって、2014年にはその数が年間1200万人を突破しました。外国人観光客の中でも、近年「ムスリム(イスラム教徒)」が急増し、日本の観光産業の宿泊、食事、物販など各方面において、その重要性は急速に拡大しています。 そこで、「ハラールとハラームの食材」をテーマに、特に食事の面で注意すべきことについて、お話をさせていただきます。 皆様にこの講座を通して、イスラム教徒の文化的背景を理解し、彼らを「おもてなし」する上での参考にしていただければと思います。




   ☒ウィンドウを閉じる

受付終了